FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑用にて。


学生さんの論文、レポートの査読してると

「コピペ」の多さが目立つのなんの。

そして、文系出身者の「レポート」が知り得るものと違うことに気づく。

なんだろ、文系は体裁が整ってなくて幼稚なんだよ。
賛同した、納得した、授業に沿った模範解答など、他人の意見を丸写しなんだね。

同じ大学院生として悲しくなったな。。

君達には自分の意見が無いのか、と。

何も考えずに生きているのか、と。
(おそらく、卒論・修論を書いたことがないからだろう。レポート自体もA4一枚程度でお遊びみたいなもんだ。)
(教員は学生数が多いため、捌き切れない。)

※(まともな)理系大学は、学部生からレポートが多いこと多いこと。

 圧倒的な知識を持つ教員を納得させる必要があるため
 様々な文献を読み込む。コピペなどすれば一秒でバレる。(教員はその文献を既に読んでいるため)

 また、レポートに関してもフォーマットの指示を受ける。


せめて出典・参考文献(コピペ元)くらい書いてほしいよー笑
(出身大学で習わなかったのかな??)

コピペしたら、この業界いられないよねー(割烹着ちゃんを思い出して。)
スポンサーサイト

大学院と受験生


先日、ラボに入学志望の学生が来てくれました。

真面目で可愛らしい子だったので、ぜひ来てほしいですね。



。。。突然ですが、ここで外部の大学院を考えている学生のためにスケジュールを記載しておきましょう。(理系B4向け)

B4
4月:研究室配属。基礎研究、今後の研究について打ち合わせもする。
  環境の変化や、しきたりに慣れる時期です。ほどほどに頑張りましょう。

5月:基礎研究が形になる。(結果は問わない)早ければ卒業研究の指導が始まる。
  研究室によってはセミナーや論文紹介があります。ここもほどほどに。

6月:卒業研究が始まる。セミナーやゼミも本格化。一部は教育実習や大学院訪問、就活に勤しむ。
  大学院だと5、6月に説明会が多く開かれます。一度行ってみても良いと思います。生の話が聞けます。

7月:研究に暑さ、湿度が加わりダレる時期。この時期は書類の記入が多いので面倒。
  早ければ、末にでも院試が始まります。

8月:院試(前期入試)のピーク。勉強した結果を問われます。日頃勉強していていれば問題ないけどね←
  研究との両立は大変だと思いますが、しっかり乗り切りましょう。

9〜1月:院試で生じた、進捗の遅れを取り戻すため研究三昧。うまくいけば学会で発表できるかもよ。
    このあたりで院試結果がでます。

2月:大学院後期入試の時期。卒検発表を主体とします。ここまでには研究が終わるといいですね。

3月:卒論を書き終わる時期。だいたい一ヶ月を見込んでおくといいかも。
  筆者は50頁、20000文字ほどをまとめました。

4月:M1(博士前期課程)として入学。ここからが本当のスタート\(^o^)/


筆者の学部生時代を思い出して書きました。かなり薄めて書きましたが、本格的に記載したネタがあるので、
欲しい方は気軽に連絡ください。


ちなみにB4のBとは、Bachelor、M1のMとは、Masterの頭文字をとったものです。


筆者は新規性の極めて高い研究を行っていました。教官と悩みに悩んで出た結果について
考察をしたときは、非常に楽しかったですよ!
おかげさまで、科研費の新規採用をいただきました。

話が逸れましたが、以上です。  ちゃんちゃかちゃん。

あけましておめでとうございます。

遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。

なるべく更新回数も増やしていく予定です。



。。。唐突ですが、そろそろセンター試験のシーズンですね。
この時期は空気がピリピリするのを、肌で感じます。

受験生は問題集とにらめっこでしょう、ご苦労さまです。

経験者(センター受験2回)から一言。難関国公立大向け。
(当時と方法や難易度も多少は前後あると思うけど、概ね変わらないと思う)


あと1週間で出来ることは、正直あまりないです。センターは基礎知識の定着を確認するためのものなので、
あまり急激に点数が伸びることがありません。

従って、
「体調を含むコンディションのピークを当日に持ってくる」
必要があります。

当たり前だろ、と思うかもしれませんが意外と出来ていない子が多いです。
(この辺は体育会の部活をしている子なら共感してくれると思う)

また、センターの形式上、演算処理能力の高さが問われるため
「分からない問題があれな一旦保留する」
ことが大切です。具体的には、
「解くべき問題に必要な時間を瞬時に判断すること」
であり、この感性は地頭の良さ、経験が何よりものをいうので一朝一夕では身につきません。
(前者はあまり勉強が得意でない子に言いますね、、)

最後に、
「俺・私はやれば出来るのだ!」
と根拠のない自信をもつことです。(これが一番大事)

スポーツ経験者として言えば、実力が均衡していれば最後は気持ちなのです。

『この大学に入学したい!俺が入らねば誰が入るのだ!この程度の試験で躓いてはいけない!』
と強い・具体的な意思を持つことです。これは動機であり目標でもありますね。
これらを一貫している学生は殆んどいませんが、一貫している子は学力が高く、精神的に高位の状態です。


最後に。
・受験という競争原理が働いている以上、皆が皆、思い通りの結果を出すことは出来ません。
 ただ、然るべき人間が然るべき場所へ行く。これが受験です。

・マークミスや計算ミスを含むケアレスミスは、それが貴方の実力です。所詮その程度です。
 ミスをしない人間はいません、しかし時間内に血眼になって間違いを探して訂正して、、
 という作業が出来る子が優れているのです。
 これが出来る子は、社会人になっても大いに役立つでしょう。

・受験は結果が全てです。
 18、19そこらの子に酷だなあ、、とは思いますが社会とはそういうもんです。
 結果を出せない人間にはスポットライトは当たりません。
 競技を問わずオリンピックで優勝(世界一)するより、うんとうんと簡単だと思います。


と簡単にまとめました。

受験生の皆様、最後まで気を抜かず頑張って下さい。
僕を含む、旧帝大を中心とした学生は皆この道を通っています。
あと二ヶ月、楽しい楽しい春、大学生活がまってますよ。
心から応援しています(^_^)

ほなね。

縁の下の力持ち。

前回行われた某専攻のセミナー。

このセミナーはスパコン(非常に性能が優れたコンピュータ)を用いて、事象の変化を捉えるという大掛かりなもの。
そして、いかに正確かつリアルな情報を素早く送信できるか、というテーマでした。


特に本実験にて使用されているのは、かの有名な

『2位じゃダメなんですか?』

で話題になったやつです←
(これ、割りと宣伝になったそうですね。このネタで大体通じるそうです笑

スパコンを用いて事象の変化。。。というと難しく感じるかと思いますが、一言だとシュミレーションです。

ただ、パソコン内で理想的なモノを仮想するのではなく、限りなく現実に近づけることに焦点をあててます。
身近には天気予報、キャッシュとフローの関係などがありますね。

仮想は、あくまで現実に近づける必要があります。でないと空想になってしまうので、、

また仮想を極限まで現実に近似させる手段として「データ解析」「データ同化」が挙げられます。

これらは話題のビッグデータ(非常に大量の情報)から必要なデータを取り出す際に大活躍しています。


今回は主にデータ同化について扱いましたが、

解析。。。データを1つずつ細分化し必要な情報を取り出すこと

同化。。。仮想と現実の差異を関数的に表記し、解析結果を転写すること

というイメージです。

解析ではデータの重要性(信頼性)が肝であり、同化ではなるべく簡素に表記できることが目標ですね。

スパコンの特性上、多分なデータを解析処理する行為は得意なのですが、データ自体が膨大だと時間がかかります。
また、時間を短くするとデータとしての信頼度が足らないこととなります(大人の都合で一存されにくい(-_-;)

それに基礎的研究扱いのため、社会的評価が受けにくいです。。(目に見える変化が得られにくい

でもこれらがないと、天気予報を例に地球や人様の動き→ビジネスに還元されないのですが。。。


今後の方針として「ビッグデータ同化」という上記をまとめることで演算処理能力の向上を約束されていました。

「縁の下の力持ち」と言い切ってはなんですが、我々の生活には無くてはならないものです、是非頑張って頂きたいです。



・・・個人としては「corelationの明確な定義とは?」、「現時点でのスキルの時間的延長を満たす発想は?」など

疑問が尽きませんでしたが(後者に関してはカオス理論を学ぶ必要アリ)、まだまだ勉強足りないなーと

帰路での車内にて再確認。。

また、研究者としてのモチベーションも聞くことができたので行って良かったなーとか勝手に思っております。


ではでは~



春休み。

無事テストが終わり、春休みです。。

今期は受講科目自体が少なかったので、テストも少なく勉強はスムーズでした。
(同期はしんどそうでしたが。。。

講義が一段落したため、いよいよ本格的に院試対策をしていきます。
今更!?と思うかもしれませんが、情報収集や基礎研究のため時間ががが、、、

第一、第二志望としたい事、行きたい研究室も決めているため
院試を乗り切ることが目標になりますが、、、

その前にTOEIC、TOEFLの対策しないと。
学部生として学んだ基礎的な知識を精査したいし。。

積んでる本も着実に処理したいし、、

とまあ、のんびりしている時間はなさそうです。
一頻り用事は済んだので、後は勉強に集中していこう思います(。・・。)

結果残さんと先生として格好つかんしなー(・_・;)

プロフィール

へべれけ2世

Author:へべれけ2世
某旧帝大の大学院生。
学部時代はナノクラスタ・半導体
デバイスを主に扱い、
現在は大気、宇宙を扱って
います。

酒と煙草と女をこよなく愛する
ヘタレ。

学部生時代から家庭教師と塾講師経験を積み、
数々の生徒を超難関中学・高校・大学に送り出してきました。

勉強方法に困ったら気軽に一報を。
mail:hunyurinrin(at)gmail.com

※(at)→@に変更願います(^_^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。